前へ
次へ

笑顔の練習をして営業求人の転職にトライ

真顔になると大体の人は怖い顔になりますが、意識しないと誰もが真顔です。
家にいるときや家族と過ごすときは、自然な表情と話し方で一向に構いません。
でも転職で営業求人を希望するならば、顔の表情は意識して良い印象にすることを心がけます。
営業求人の転職は探すとたくさん出てきますが、見事に採用をされたら直接顧客とのコンタクトを取りやり取りをする仕事です。
自社商品やサービスの知識を一生懸命勉強してインプットしたりするのは大事ですが、お客さんの前で無表情や怖い顔ではいけません。
本人は怖い顔をしているつもりはなくても、意識しないと普通の顔の表情が硬くなっている人は実際に多いです。
怒っているわけではなくても、お客さんが見て愛想がないとか、無表情だといい気分はしません。
好感を持たれないといくら良い商品でも、思うようには売れませんし、担当営業を好感してほしいと言われたら悲しいです。
そうならないためにも、営業職で頑張るのであれば、お客さんの前でも自然に笑顔になれるよう、普段から笑顔の練習をするようにします。

Page Top